RAID: シャドウ・レジェンド

RAID: シャドウ・レジェンド [Free to play]

キャラクターを集め、装備を整え、成長させるのが好きですか? RAID: Shadow Legends』では、美しいグラフィックで作り上げられた中世ファンタジーの世界で、そのすべてを楽しむことができる。 すでに優れたタイトルをいくつも生み出してきたPlariumが、最新の無料プレイMMORPGを我々にもたらした。

宇宙と雰囲気

RAID : Shadow Legendsの舞台は、冥王シロスの支配下にある非常に西洋的な中世ファンタジーの世界、テレリアである。 冥王は広大な領土を占領することに成功したが、すべての住民が服従しているわけではなく、戦ってテレリアに自由を取り戻そうとする者もいる。
お察しの通り、 「RAID : Shadow Legends」の目的は、シロスのしもべに立ち向かい、テレリアを解放することだ。
この無料MMORPGの雰囲気は非常に西洋的で、時にダークファンタジーを思わせる、かなりダークなジャンルの交差点にある。 同ジャンルの他のタイトルとは異なり、RAID : Shadow Legendsはシングルプレイキャンペーンに重点を置いており、かなりよく練られたストーリーが楽しめる。 実際、このMMORPGの脚本家はポール・C・R・モンクに他ならない。ポール・C・R・モンクはアメリカ脚本家組合(Writers Guild of America)の会員で、『アサシン クリード シンジケート』などのストーリーを担当している。
このジャンルの常套句はまだ残っているが、それが適切な形で使われ、プレイヤーを親しみやすい世界に没入させる役割を果たしているのは喜ばしい。
集めるべきカードはないが、バトルで使うチャンピオンを大量に集めなければならないからだ。
シングルプレイ・キャンペーンの12章は、それぞれ独自のグラフィックとサウンド・コードを持つさまざまな環境を旅する。 グラフィックとサウンドはRAID: Shadow Legendsの長所のひとつだ。 グラフィックはキャラクターも風景も実に素晴らしく、変化に富み、細部までよく考えられている。 このクオリティの高さは、少し前まで隆盛を誇っていたようなクオリティの低い作品とは非常に対照的だ。

画像は『RAID: Shadow Legends』より

RAIDフォース:シャドウ・レジェンド

ゲームの芸術的なクオリティとそのストーリーだけでなく、ゲームプレイに関連する他の長所もある。
このゲームは3つのパートに分かれたマップでの戦闘が特徴で、それぞれに敵の波がある。 プレイヤーは自分のチャンピオンを選び、戦いに送り込む。 プレーヤーのチームが3つのウェーブをすべて排除すれば、試合の勝利となる。
チャンピオンについて一言。チャンピオンには400人以上いて、それぞれに特徴がある。 わかりやすくするために、チャンピオンは13の派閥に分類され、コモン、珍しい、レア、エピック、レジェンドがある。 それだけでは物足りないというなら、手に入れたチャンピオンはそれぞれトレーニングし、改良し、変身させ、真にユニークな存在にすることができる。
また、各チャンピオンが持つ相性(魔法、力、精神、虚無)にも頼らなければならない。 魔法と精神、精神と力、力と魔法といった具合に。 これらの対立は、戦闘で攻撃する際のボーナスやマラスの源となる。
これらの詳細は、プレイヤー自身のチャンピオンだけでなく、バトルで対戦するチャンピオンにも適用される。
ゲームの発売元であるプラリウム社によると、可能な組み合わせは100万通り以上。
RAID: Shadow Legends』を戦略的かつ収集的にプレイしたい場合は、戦闘を自動化し、ゲームの特定の側面に集中することもできる。
装備品も集めることができ、他の優れたMMORPGと同様に、コモン、アンコモン、レア、エピック、レジェンダリーといくつかの等級に分かれている。
最後に、レベル11からはアリーナがアンロックされ、RAID: Shadow LegendsのPvPに挑戦できるようになる。

ビデオ / RAID: Shadow Legendsデモ