ワールド・オブ・タンクス

ワールド・オブ・タンクス [Free to play]

パットンやロンメルも大喜びだろうが、楽しく、熱狂的で、とっつきやすい戦車シミュレーションが登場したのだ。 これはWargaming.netが開発した『World of Tanks』で、長時間の戦闘と楽しみを約束するゲームシリーズの第1作目だ。

宇宙と雰囲気

田舎での日曜日の散歩は、有名な風景を発見するための素晴らしい方法だ。 しかし、このような冒険には塩分が少し足りないことが多い。 数発の88ミリ砲弾と数箱の22口径砲弾を加えれば、日曜日の冒険はたいてい完了する。

これこそがWorld of Tanksなのだ。 軍事シミュレーションは昔からゲーマーに人気があったが、近年は本当に爆発的に増えている。 ARMA』のような細部まで作り込まれたマニアックなゲームとは一線を画し、『World of Tanks』では簡素化されたアンフェタミンパワーの戦車シミュレーションが楽しめる。

この多人数同時参加型無料ゲームは、ウォーゲームというよりFPSに近い必死の雰囲気が売りだ。 World of Tanksで、Wargaming.netのスタジオは熱狂的なブームを巻き起こした。

画像はWorld of Tanksより

ゲームの強み

World of Tanksでは、戦車を所有し、戦闘に参加することができる。 戦車には、その能力を反映したさまざまなクラス(重戦車、軽戦車など)があり、それぞれに異なる特性とバランスの取れた長所/短所がある。

しかも、戦車は(歴史的制約を受けずに)7カ国のもので、M60、AMX50、シュトゥークIIIを並べて見ることができる。 ゲームが進むにつれて、戦車はアップグレードされ、装飾され、真にパーソナライズされたマシンになる。

ゲームプレイはさまざまなモードを中心に展開する。 だから、クランバトルを含むいくつかのタイプのバトルに参加できる。 これらの氏族戦争は、最大の領土を所有するために、さまざまな国の地域を征服することを含む。 クランシステムは古典的なギルドのそれと非常によく似ている。 クランは同じ旗の下に最大100人のプレーヤーを集めることができ、運営予算を持つことができる。

ビデオ / World of Tanksデモ

類似のMMORPG